コロナに負けるなキャンペーン

健診は不用で不急でもありません。” そして・・・健診の先送りには、大きなリスクが伴います。

 日本対がん協会などの主要3学会は、コロナ禍の影響による検診の先送りにより、がん検診の受診者が3割減ったと発表しました。主な5種のがんで全国で約4万5千人の診断が遅れたと推測しています。

 そこで、当センターでは、健診を先送りにされている方の背中を少しでも押すことができればとこのキャンペーンを企画いたしました。
 令和2年度・3年度と健診を受けていない方、
この機会に健診をうけて「旬彩まさらっぷのランチ券」をゲットしましょう

       詳しくは、こちらの画像をクリックください。